ノルバスクの利点

ノルバスクは高血圧や狭心症の治療に用いられる降圧剤の一種で、有効成分をアムロジピンとして血圧のコントロールに使用されます。
血圧は血管が収縮して通り道が細くなるか、血液がドロドロの状態で流れにくくなっている時に、血液を良く長そうと心臓が圧をかけることで起こる症状です。
どちらの原因であっても動脈硬化のリスクが高まり、心筋梗塞や脳梗塞の原因になることから、放置せずに治療を進める必要があります。
ノルバスクはカルシウム拮抗薬に分類されており、血管の平滑筋細胞にカルシウムが流入するのを防ぐ働きがあります。
この平滑筋細胞にカルシウムが流れ込むことで血管が収縮する引き金となるため、カルシウムの通り道であるカルシウムチャネルを塞ぐことで血管の収縮を抑え、血管を拡張させることで血圧が下がるようになります。
ノルバスクはダイレクトに血管を広げる作用を有しており、その他の作用がないことから使いやすいという利点があります。
また、他の降圧剤に比べて薬価が安いのが大きなメリットで、医者の方から見れば、薬価が高くても副作用の少なさや安全性を考慮して処方するものですが、ノルバスクはそれらをクリアしており、そこに安いという要素も加わることから高血圧の治療で第一選択となっています。
ノルバスクの血中半減期は長く、従来の降圧剤では1日数回は飲む必要がありましたが、1日1回の服用で済むというのもメリットになっています。
1日数回の服用では朝の寝起きに血圧が急激に変化するリスクもありましたが、ノルバスクは36時間は効果が持続するため、前日に服用していれば朝の血圧変化もなく軽快な寝起きができるようになっています。
また、1日の飲み忘れでもその日に対処しなくても、翌日の同じ時間に飲むだけで良いとされている点も大きいでしょう。

ノルバスクの安全性

高血圧症を改善する対策には、いろいろな手法があります。まずは、食事の内容を見直します。
日本人の食生活は、昔から塩分が多い内容となっていますが、思い切って減塩に踏み切ることが第一です。
塩分が多く摂り過ぎると、血管が細くなりますので、それが、高血圧症をもたらす結果となるのです。
同様に、喫煙も血管を細くしてしまいますので、即、タバコはやめることです。あわせて、適度な運動をすることも大切です。
軽い運動は、血の流れを良くしますので、血圧のコントロールには有効です。
また、仕事や日常生活でのストレスを蓄積することのないように配慮するのも、高血圧症対策としては忘れてはなりません。
なお、昨今では、秀逸な治療薬が開発されています。
ノルバスクは、カルシウム拮抗薬に分類される薬であり、いまや、高血圧症の治療に際しては、第一義的に選択されるほどの信頼性を持っています。
ノルバスクの降圧メカニズムは、心臓や身体の血管を拡張して血の流れを良くする、というものです。
効果の実績ももちろん、ノルバスクは安全性も非常に高いので、臨床の現場では非常によく使われているのです。
効能の明確な医薬品には、ともすれば、副作用が出る可能性の高いものがあります。
しかし、ノルバスクの場合は、懸念される副作用が著しく少なくて、安全性の高い薬として定評があるのです。
ノルバスクの副作用として、最も高い可能性を持っているのが、火照りです。それですら、発症率0.8%という極めて低い数値となっているのです。
ほかにも、頭痛、動悸、頻脈、胸の痛みなどが考えられますが、それらの発症率はかなり低く、ゼロに近いと言ってもいいほどの確率にすぎません。
副作用が出てくることのないように、ノルバスクの服用量をきちんと守ることが大切です。

ノルバスク使用の判断は

ノルバスクは高血圧および狭心症の治療薬で、医師の処方によって飲み購入ができる要指示薬となっています。
そのため、基本的には高血圧と判断された場合にのみ処方されるのであって、高血圧気味の人には利用できないものです。
高血圧の判断基準は収縮期血圧が140~150、拡張期血圧が90~99で、日本だけでなく世界的に判断される数字は140/90mmHgとなります。
それ以下の数字では高血圧予備軍と呼ばれ、生活習慣を改めるなどの改善を行うことが重要となります。
特にノルバスクは血圧を下げる薬としては効果的で、副作用も少ないため、多くの高血圧症の患者に処方されています。
用意されている規格は2.5mg、5mg、10mgの3つで、初めて使用する際は2.5mgからの開始となり、血圧の変化が見られない場合に限り、医師の判断で適宜増減されます。
ノルバスクは即効性がなく、徐々に効果が現れてくるので、初めて飲む人は血圧に大きな変化がないので効果がないと勘違いして、大量に服用してしまうことがあります。
医師の指導による容量を超えた飲み方は、急激な血圧の低下を招く原因ともなるので、勝手な自己判断で服用するのは控えておきましょう。
また、妊娠中は禁忌とされていますが、危険性はそれほど高くないので、高血圧による母体の危険性のほうが高いと判断すれば、医師はノルバスクの服用をすすめることがあります。
血圧の測定で前述の数字が出たら処方されますが、場合によっては運動療法や食事療法、肥満の体重を落とすといったものでも血圧が改善されることがあるため、必ず処方されるものとは限りません。
また、服用中であっても治療によって血圧の改善が行われれば、服用を中止することも可能です。